印刷

人権尊重教育推進校としての五中サミット参加

本校では人権尊重教育推進校として、五中校区コミュニティスクールでの
代表生徒・児童との交流を交流を様々な形で進めてきました。

6月5日に武蔵村山市立第五中学校の五中サミットに参加しました。

 

令和元年度 五中サミット報告(令和元年6月10日)

日 時 令和元年6月5日(水) 14:50~16:00

会 場 武蔵村山第五中学校 3階 視聴覚室

参加者 都立武蔵村山高等学校 武蔵村山第五中学校

武蔵村山第二小学校 武蔵村山第八小学校

武蔵村山第十小学校

目 的 ・小中高の交流を行い、地域としての連携を図る。

・人権尊重教育推進校としての取り組みに関しての意見交流を

行い、活動の充実を図る。

・他校との情報交換などを通して、広く交流の機会をもち、リーダーとしての資質や態度を育てる。
 
今回のテーマは、「いじめ撲滅宣言各校の案は以下の通り。

武蔵村山高校 ・その行為、胸を張れますか

・気づいてあげようその心

・グリーンピース届けよう

第五中学校 ・言ってみよう 心に響く ありがとう

第二小学校 ・みんなの心を動かす「ありがとう」

第八小学校 ・「ありがとう」は仲間を大切にする言葉である

第十小学校 ・勇気を与える言葉を投げかけよう

7つの案から多数決をとり、武蔵村山高校の3年生徒会長が掲げた『その行為、胸を張れますか』

に集中し、全学校で広めていくことになった。これには、いじめの加害者が大人になって我が子に

堂々といじめをしていたことを言えますか?言えない行為なのだから絶対にやってはいけない!

という思いが込められていると熱く語る姿が印象的で、小中学生も真剣に耳を傾けていました。

今後全学校の校内の掲示板、教室に貼り、始業式、終業式などで代表者がアナウンス予定です。

〒208-0035 東京都武蔵村山市中原1-7-1
電話 : 042-560-1271 ファクシミリ : 042-560-8691
E-mail : S1000162@section.metro.tokyo.jp