奉仕活動

 

本校では奉仕活動として近くにある野山北・六道山公園の保全活動を行っております。

 

具体的には

 

1.外来生物の除去のお手伝い

 

2.稲刈り

 

などを1年間を通して行っております。

 

今回はそのガイダンスも兼ねてどのような自然が広がっているかを見てまいりました。

 

 また、その他にも「村山デエダラまつり」のお手伝いのボランティア(奉仕)などにも参加

 

させていただいております。

 

 

 

10月                                        

 

   野山北・六道山公園にて稲刈りのお手伝い(1年生全員)

 

はじめに稲刈りについての説明を受けました。初めての稲刈りに挑む生徒も多く、真剣に説明を聞いています。

ボランティア・岸田んぼ会の方々の手助けを受けながら、いざ稲刈りです。

刈る作業、縛る作業、運ぶ作業を行います。

縛り終えた稲の束です。きつく縛らないと、干す際にほどけてしまいます。

がんばって!

稲はハザにかけて、2週間干します。

お米を作るためには、多くの時間と努力がかけられているのですね。

 

 7月                                       

 

     野山北・六道山公園にて水田の草取り作業のお手伝い(1年生全員)

 

はじめに草取りについての説明を受けました。

多くの人々のお力で大切に育てられている稲です。今日は村高生がお世話をします!

実際の草取りの様子を見せていただきます。

草取りと並行して、水田の土をかきまぜ、空気を含ませる作業も行っていきます。

横一列になって、水田へ入っていきます。

稲を踏まないよう跨ぎ、草を取って埋めていく作業です。足をとられないよう気をつけて!

慣れない田んぼの感触に戸惑いながら、丁寧に草を取っていきます。

稲を育てることの大変さを実感しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残堀川の右岸におり、ごみを見つけて拾っています。76名で、行いました。 近隣の道路もきれいにしました。
総勢162名で、たくさんのごみを拾い集めましたよ。 町をきれいにして、にっこり笑顔です。

 

  

7月                                              

 

 

野山北・六道山公園にて外来種駆除のお手伝い

 

赤坂駐車場に集合です。 レンジャーの方々から、説明を受けています。

セイタカアワダチソウを、根元から引き抜きます。

外来種は根っこの土にも悪い影響があります。

 

 

軍手をして軽く根元から。 セイタカアワダチソウをたくさん取って束ねています。

外来種がなくなれば、土の中の生き物も変わり、生息する虫も変わり、次第に鳥も、変わってくるかも知れないそうです。後輩に受けついで、みんなで自然を守っていきたいと思います。

  

 

5月                                              

 

 

里山の奉仕体験(ガイダンス)

 

 

 

奉仕活動はどこでやるのかな。     緑がきれいな野山北・六道山公園    さわやかな汗を流します。

 

ここで、奉仕活動のガイダンスを伺いました。里山民家です。江戸時代の庄屋を忠実に復元したものです。 

 

 

 

 

 

 

 

〒208-0035 東京都武蔵村山市中原1-7-1
電話 : 042-560-1271 ファクシミリ : 042-560-8691
E-mail : S1000162@section.metro.tokyo.jp