学校長挨拶

 

第12代校長 加 藤 竜 吾
 
ようこそ東京都立武蔵村山高等学校のHPにお越しいただきまして有難うございます。
 
平成30年度が始まりました。今年度も本校校長を務めます加藤竜吾と申します。着任三年目となります。どうぞよろしくお願い申し上げます。
本校は、「大愛に生きる人であれ」の教育目標の下、地域と共に夢をカタチにする教育を展開しております。今年度創立44周年をむかえ、今年度も保護者、地域の皆様方との協力で、よりよい学校教育を展開してまいります。
昨年度から、東京都教育委員会指定の「地域連携推進モデル校」として、都立高校全日制課程普通科の唯一の高校としてキャリア教育を充実する取組を推進しています。進学を中心として、進路実現に向けて成果を出してきました。特に、近年は現役で国公立大学や難関私立大学、G-Marchの合格者を輩出するなど、本校は大学・専門学校進学から公務員・就職まで対応する進路多様校でありながら、上位校にも対応できる学校として地元の皆様の期待に応えられる都立高校となりました。
今年度も、これらの取組を中核としながら、「チーム学校としての取組」を充実してまいります。
併せて、今年度から武蔵村山市五中コミュニティスクールの一校として、東京都教育委員会指定の「人権尊重教育推進校」の取組も行います。
私どもは皆様の期待に応え、課題に取り組み、一歩一歩堅実に、地域とともに成長し続け、創立50周年に向けて邁進してまいります。
 
平成30年度の取組のうち「キャリア教育の充実」について紹介
 
教育目標「大愛に生きる人であれ」を大切に、厳格な生活指導により生徒一人一人の学校生活の基盤を固めた上に、キャリア教育の充実を図ります。ここでは今年度の事業のうち5つを紹介します。
 
1 村高学習塾「寺子屋」事業を今年も開始します。
  土曜日に外部講師による学力アップをめざす講習をします。特に「公務員対策講座」「看護医療系講座」「都立高校受験対策講座」を充実します。
 
2 大学と協定を締結し高大連携事業、専門学校と協定を締結した高専連携事業を展開します。大学専門学校を合わせて5校以上連携してまいいります。
  また、引き続き小中との連携も強化してまいります。
 
3 面談等でのベネッセのClassiを活用を推進します。
  高大接続改革に合わせた対応と進路資料分析に基づく指導を組織的・計画的に進めます。
 
4 これまでの奉仕体験活動「人間と社会」の取組をインターンシップも含めた一部選択制を今年度から導入します
 
5 自習室(個別学習机設置)を引き続き設置します。特に、施設を充実させていきます。
 
今年度もどうぞよろしくお願い申し上げます。

平成30年4月1日

〒208-0035 東京都武蔵村山市中原1-7-1
電話 : 042-560-1271 ファクシミリ : 042-560-8691
E-mail : S1000162@section.metro.tokyo.jp